引っ越し梱包

お皿やコップなどの割れ物を梱包しなければいけないということは、ほとんどの人が知っていますが、梱包にはコツを知っている人はあまりいません。
お皿は1枚1枚丁寧に包まなくても割れにくくするコツがあります。

段ボールへの詰め方ひとつでも、割れにくさが変わるんですよ!

また、梱包方法や詰め方を工夫するだけで、片づけ作業を楽にすることだってできます。

引越し歴8回で培った梱包のコツを皆さんに伝授します!

もの別の梱包方法

何を梱包するかによって、使うべき資材や梱包方法は違います。

ものに合った資材で正しく梱包すれば、手間は最小限で済むうえに開梱時の後片付けも簡単です。

ワレモノや台所用品

ワレモノや台所用品は重たいものが多いので、小〜中サイズの段ボールに詰めていきましょう。

ぎっちり詰めてしまうと持ち上げられないことも多いので、半分くらい詰めたら一度持ち上げてみて重さを確認してください。

ガラスのコップお皿やコップなどの割れ物は数が多いと梱包するのが大変ですよね。
でも、まとめて2枚一緒に包んでしまうと皿同士がぶつかって、ちょっとした衝撃でも割れてしまうことがあります。

これ、私も経験済みです。

2枚一緒に包むだけで割れる確率はすごい高くなります!

割らないためのコツ


食器同士が直接触れ合わないこと。

出来れば1枚1枚梱包資材で包むのが理想ですが、面倒だという場合には、食器と食器の間に梱包資材を挟み込むだけでもOKです。

大皿なんかは、この方法が便利ですよ。

小〜中サイズの平たい皿は、梱包した後に立てて段ボールに詰めていきます。

平らに寝かせて重ねてしまうと、上下に段ボールが揺れた時に中央のお皿が衝撃で割れやすくなってしまうためです。

コップや小鉢など深さがあるものは、口または底の部分が下になるように詰めましょう。

荷物梱包


横向きに寝かせて入れると割れる原因になります。

食器類がガタガタ動くと割れる原因になるので、段ボール箱の隙間には丸めた新聞紙を詰めておきましょう。

包丁はそのまま包むと危ないので、刃渡りより大きめに切ったダンボールを2つ折りして刃の部分をしっかりカバーします。

そのあと、段ボールが落ちないようにガムテープでしっかり貼ってください。
私の経験
これは私の経験から言えることですが、食器類の梱包を「食器紙」で行うと、指先の油分が奪われて指先が乾燥してきます!

季節関係なくカサカサになります。

かといってハンドクリームを塗ると食器類に油分がついてしまいます。

指先の乾燥が気になる人は、薄手のゴム手袋をつけて作業するのがオススメです。

衣類や布団

シワにしたくないスーツ

業者によっては衣類の梱包用にハンガーボックスを貸してくれるところもあります。

ハンガーにかけたままの洋服を箱に入れるだけでいいので、これがあると非常に便利です。

シワにしたくないスーツ類、ワンピース類の梱包にオススメですよ!

ただし、数に限りがあるので、引越し当日に業者が持ってきたハンガーボックスに衣類を入れて、新居についたらその場で洋服を出してすぐ返却しなければいけないことが多いので気をつけましょう。

布団の梱包

引越し業者からもらえる無料の布団袋があると便利です。

何枚かもらえる場合は、部屋ごとに布団をまとめておきましょう。

畳んだ布団を複数枚まとめて梱包できる、大きなナイロン製の袋が主流です。

我が家が大手引越しメーカーからもらったものは、ダブルベッドの羽毛布団+毛布+枕3つが余裕でおさまるくらいの大きな布団袋でした。

布団袋をもらえない場合は、布団圧縮袋を利用するという手もあります。

100円均一にも売っているので、探してみるといいでしょう。

掛布団が1/5程度に圧縮できるのでトラックのスペースに余裕がないという方にもオススメです!

冷蔵庫や洗濯機

引越し前日に水抜きした冷蔵庫は、コードを本体側面にテープで固定しておきます。

テープ跡が残りにくい養生テープがあると便利です。

養生テープは25m巻のものならAmazonで150円ほど。

ホームセンターで買うより安いですよ。

洗濯機も、冷蔵庫同様に前日までに水抜きしておきます。

一般的には、コードやアースは水気を拭き取った洗濯機の中に入れておくことが多いですがオススメしません。

万が一水気が残っていた時のために、小さめのビニール袋に入れて口を縛り、洗濯機の本体に張り付けておくと安心です。

冷蔵庫も洗濯機も特に梱包する必要はないので、コードの処理だけしたら、あとは引越し業者にお任せしましょう。

書籍やCD

引越しにはガムテープ

書籍やCDは、段ボール一杯に詰めるとかなり重たくなります。
大きめの段ボールではなく、小さい段ボールに詰めるようにしましょう。

また、底抜け予防として段ボールのつなぎ目3か所に長めにガムテープを張っておくと安心です。

底を見るとガムテープが漢字の「王」のように見えます。

ガムテープの貼り方


ガムテープは、引越し業者からもらえる無料の紙タイプのものではなく、ホームセンターや100円均一で売っている頑丈な布製のガムテープを使いましょう。

書籍やCDは段ボールの底にプチプチなどの緩衝材を入れてから、背表紙やタイトルが上から見えるように本を立てて入れると片付け時にわかりやすいです。

ただし、隙間なくぎっしり詰めないと本が倒れてくるので注意してください。

どうしても倒れてきてしまう場合には、ブックエンドを使うのも一つの手です。

背表紙が柔らかく曲がりやすい書籍や厚みの薄い書籍は、立てずに寝かせて片づけても構いません。

ページ折れが心配なものも寝かせると安心です。

仏壇

仏壇

自分で仏壇の梱包作業を行う時は、組み立てる時に困らないように写真におさめておきます。
全体の写真1枚と、細かい部分や複雑な部分の拡大写真があると安心です。

最初に細かい部品を外し、1つ1つ丁寧に梱包して短ボールに詰めていきます。

位牌や高価な仏具は貴重品と同じです。

万が一のことが心配であれば、段ボールに入れずに手荷物品として持っていくといいでしょう。

ちなみに、仏壇は高価な装飾を施されているものも多いので、引越し業者によっては運搬を断られてしまうこともあります。

もしも引き受けてもらえない場合は、仏壇専門の引越し業者に依頼しましょう。

解体や梱包、組立まですべて行ってくれるので安心ですよ。

参考ページ 仏壇の引っ越し正しい作法

観葉植物や植木、庭木

引越し荷物

観葉植物な植木など、命あるものは基本的に引越し業者は運んでくれません。
ただし、万が一のことがあってもいい(補償されなくてもいい)といえば、運んでくれるケースが多いです。

トラックに乗りきらないような大きな庭木は、植木の運搬専門の業者に依頼しましょう。

引越し業者が提携している場合は、格安で紹介してくれることもありますよ。

私は、高さ80p前後のモンステラを補償なしで運搬してもらったことがあります。

猛暑の時期だったこともあり、新居に到着したモンステラはトラック内の暑さでしおれかかっており、茎が折れてしまっているところも多々・・・。

引越し距離が短くても、トラックに荷物を載せたままにする時間は意外と長いもの。

大切な観葉植物や植木の場合は、自分で運ぶか専門業者に頼むほうがオススメです。

荷物によって違う梱包の方法-ウルトラ引越ガイド記事一覧

荷造りする前に梱包資材を揃える

荷造りに欠かせない梱包資材は買うと高いし、無料のものは使い勝手が悪かったりします。引越し業者から無料でもらえるものと、お金を出してでも揃えておきたい梱包資材をお教えします。時間とお金を無駄にしないためにも、事前に必要な梱包資材を揃えておきましょう。梱包する際に必要な資材引越しの梱包作業の時に必要な物やあると便利なものをご紹介します。梱包資材は購入場所によって値段が違うので、どこで買えば節約できるの...

一人暮らしの最速荷造り方法

一人暮らしの引越しは、計画的に荷造り作業をすれば大幅な節約が可能です。しかし、荷物が少ないからといって引越し当日まで何もしないままだと、当初の見積もりよりも高〜い請求金額になってしまうことも・・・。引越しの追加料金って侮れないんですよ。無駄なお金を払わないためにも、今からすべきことを把握しておきましょう!引越し当日に荷造りすれば間に合うなんて大間違い!一人暮らしだから梱包しなければいけない食器はほ...

小さな子供がいる荷造り方法

オムツ替えや授乳が必要な小さな子供がいる場合の引越しは、本当に大変です。予防接種や子供の体調不良、片付けしたい時に限って寝ないなど、想定外のことがたくさん起こります。スケジュール通りに引越し作業を進めようと思っても、子供がいるとそうはいかないのが現実です。また、荷造りで頑張りすぎて体力を使い果たしてしまうと、引越し後の片付けが進まないどころか育児にも支障をきたします。家族みんなが無理なく引越しを終...

大家族の荷造り計画

子供がある程度大きくなっている場合は、大人の判断だけで不用品かどうかを決めることができないので、親が全ての荷造りを行うのは効率的ではありません。何が必要で、何が必要じゃないかは本人が一番よくわかっています。まかせましょう!自分のものは自分で荷造りさせることをルールにして、家族全員で引越し作業を分担しましょう。自分で荷造りさせておけば、何がどこにあるのか把握できるので、その後の片付けの作業もスムーズ...

配線

荷造りの時、整理しなければいけないとわかっていてもなかなか手を付けられない配線。テレビやDVDレコーダー、パソコンなど配線がややこしい機器は多いです。複雑につながっている配線をどうするべきか迷っている人も多いのではないでしょうか?引越し業者は運び出し・運び入れまではしてくれますが、通常の引越しプランでは配線の接続まではやってはくれません。自分で配線するか、オプションを追加して引越し業者の人にお願い...

トラック

引越しのときトラックの大きさで料金が変わります。「自分の荷物の量ではどのトラックで運ぶべき?」と迷われる人も多いと思います。「大体の荷物量」を伝えるだけで、引越し業者はトラックを準備してくれます。しかし、どのくらいの荷物の量があるのかを正確に伝えないと、引越し業者は全ての荷物を確実に運ぶために一回り大きなトラックを用意することが多いです。荷物の量を把握し正確に伝えて、ピッタリのトラックを手配して引...