ベッドは部屋の大きなスペースを必要とする大型家具なので、引越しの時には部屋から出し入れするのが大変です。

 

ベッドの引越しは計画的に行わなければ、思わぬ出費を支払わなければいけないこともあります。

 

そのようにならないためにも、どのようにベッド運ぶべきかを考えましょう。

 

ベット

 

ベッドの移動で大切なことは

ベッド本体の価格
解体できるかどうか

 

この2つです。

 

引越しのときに運び出すべきかについて判断基準と運ぶ手順をまとめました。

 

ベッド買い替えの境界線

ベッドは大きいので、運ぶための費用が掛かります。

 

  • ベッドの配送にどれだけの費用がかかるのか?
  • 今あるベッドを持って行くか?
  • それとも買い替えた方がお得なのか?

 

上記で判断しましょう。

 

ベッドを運ぶのにかかる費用(おおよその相場)

シングルベッド 高くても10,000円程度
折り畳み式 小さくなるので5,000円程度
ダブルベッドやキングサイズのベッド 20,000〜40,000円

 

ベッドの引越しにかかる費用は、ベッドが解体できるかどうかで大きく変わります。

 

解体できるベッドの場合

 

旧居や新居の間取りが複雑でも、問題なく運び出しできます。

 

ただし、解体可能なベッドでも自分で解体するのは避けた方がいいです。
 

避けたい理由

 

  • 慣れない作業になるので時間もかかる
  • 解体時に床や壁を傷つけてしまい修繕費もかかる
  • 解体時に部品をなくしてしまうトラブルも多い

 

解体可能なベッドを運ぶとき、解体から組み立てまでお任せできる業者を選ぶと安心です。

 

解体できないベッドの場合

 

配送のための費用が上乗せされることがあります。

 

大きなベッドをそのまま運ぶので通路が狭いと通れず、クレーンが必要になってしまうことがあるからです。

 

クレーンが必要な場合

 

別途費用が掛かります。

 

クレーン代金だけで最低20,000円

 

この金額に人件費や作業代がプラスされることも多いです。

 

ベッドを配送する金額をザッと見積もってみて、この時点でベッドの価格と輸送料金を比較してみましょう。

 

輸送費用の方が高いようなら買い替えをおすすめします。

 

もしも2万円以下のベッドを使っているのなら、確実に買い替えた方が良いです。

 

「まだまだ使えるから」という理由で引越し先に持って行くと、結果的に損をしてしまうかもしれません。

ベット

本当にベッドを引っ越し先に持っていくべきかどうか判断しましょう。

 

買い替えの場合、前のベッドを処分する必要が出てきます。

 

処分方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

不用品を安く手間をかけずに処分する方法

 

引越しの不用品を処分するならまず売却してみる

 

ベッドを運ぶ方法

  1. 引越し業者に依頼
  2. 専門業者に依頼

2つの方法があります。

 

引越しと一緒にベッドを運ぶ場合は、引越し業者に依頼するのが一般的

 

引越しの見積もり時にベッドがあることを伝えておきましょう。

 

詳しい見積もりを出すには

 

  • ベッドの大きさ
  • 解体できるか?
  • できないか?

上記を確認されるので、購入時の説明書があると話がスムーズです。

 

説明書がなくて詳細が分からない場合

 

訪問見積もりに来てもらった時に実際にベッドを見てもらう方法もあります。

 

「解体できるだろう」

「だいたいこれくらいの大きさかな?」


と適当に見積もりをとると旧居から出せないことも・・・。



新居に入らなかったりして思わぬ追加料金が発生することもあるので気を付けて下さい。

 

ベッドを運ぶもう1つの選択肢は「専門業者」に依頼する方法

部屋から部屋への移動

 

引越し以外でベッドの移動

 

このようなケースの依頼に向いています。

 

引越しの時は、「引越し業者」に頼む方が手間がかからず、しかも安く済みます。