一人暮らしの部屋

引越し見積もりに差が出やすいのが単身者の引越し。

 

工夫次第で驚くほど安く済ませることができます。

 

見積もりを大きく左右するのは荷物の量です。

 

荷物の量によって手配するトラックの大きさは変わり、トラックは大きければ大きいほど高額に。

 

単身者の引越しをお得にするには、荷物の量を減らすことが必須条件です。

 

今回は、不用品の上手な処分方法を伝授します。

 

捨てるだけが処分ではないですよ。

 

賢く処分すればお小遣いも手に入ります!

できるだけ不用品を減らして引越し代金を下げる

不用品の処分は段ボールで荷物を詰める段階で、要るものと要らないものを分ければいいと思っている人が多いですね。

 

引越し経験豊富な私から言わせてもらえば、それは無理です。

 

時間が足りません!

 

引越し当日に間に合わなくて、不用品も結局段ボールに入れて新居に持っていくはめになります・・・。

 

新居に不用品をどっさり持ち込みたくないですよね。

 

スッキリ片付いた新居でゆったり過ごす姿を想像してみてください。
快適な新居での生活は、今住んでいる場所での不用品の処分から。

 

不用品の処分は、引越しが決まったらすぐに取りかかりましょう。

 

まずは要るものと要らないものを分別しましょう。

 

引越しの費用を節約するには不用品を上手に処分する

 

早めに取りかかれば、その分不用品でお小遣いが手に入る確率も上がりますよ!

ヤフオクやメルカリなどで不用品を売却

あまり着ていないブランド衣類や、ブランド雑貨などは高値で買い取ってもらえることが多い狙い目!

ヤフオクで不用品を処分

 

全巻セットの漫画などは、ブックオフで売るよりもヤフオクで売った方が高値になることが多いです。

 

CDやゲーム類は、店舗によって買い取り金額に数千円の開きがあるので、時間が許すなら色々な店舗で比較するといいでしょう。

 

ヤフオクやメルカリの相場はネットでいつでもチェックできます。

 

メルカリで不用品を処分

不用品に分類したものの中から、ヤフオクやメルカリなどで売れそうなものがあれば早めに出品してお小遣いにしちゃいましょう。

友人や周りの人にあげる

不用品は、自分にはもう必要のないものです。

 

ゴミとして捨てるより、もらってくれる人に譲った方が捨てる手間も省けます。

 

ジモティであげる

ジモティーという掲示板を使えば、近所に住んでいる人に無料で不良品を引き取ってもらうことができます

 

ヤフオクやメルカリのように、梱包や発送などの面倒な手続きは0!

 

不用品を投稿する利用料はもちろん0円なので、試してみてはいかがでしょうか。

 

不用品をまとめておけば、使えそうなものだけ選んでもらうことができるので、時間の節約にもなります。

 

残ったものに関しては、勿体ないと思わずに処分してください。

粗大ゴミを処分する

粗大ゴミは引越し当日までに処分しておきます。

 

各自治体によってゴミの処分方法や、処分にかかる費用が違うので、事前にホームページをチェックしておきましょう。

 

引越し間近になって慌てて回収を依頼した場合、希望日が込み合っていて引越し当日までに取りに来てもらえないということも。

 

そうなると、粗大ごみを持って新居に行くことに・・・。

 

新居に粗大ゴミを持ち込まないためにも、早めに手配しておくようにしましょう。

段取りは余裕を持って組むことが節約につながる

引っ越し準備

引越しは出来れば2日に分けて作業するのがオススメです。

といっても、引越し業者を2日間来てもらうことではありません。

 

作業を含めて2日間という意味です。

 

まず、敷金を確実に返してもらうために引越し前に室内の清掃を行いましょう

 

引越しが終わったら、大家や不動産屋と立ち合いで室内を確認するようにします。

 

1日で引越し作業をすべて終えようと思うと、引越し当日は午前中から作業を依頼しなければいけません。

 

でも、引越しは1日で終わらせるものと思っている人が多いので、引越し業者は午前中大忙し。

 

午前中の忙しい時間帯をずらして、引越し業者が暇になる夕方からの引越しにすれば、料金が大幅ダウンさせることが可能になります。

 

引越しは余裕をもって2日間で作業する。

 

これが引越し費用節約のコツです。

単身の引越しは大手よりも地元の引越し屋が強い

引っ越し業者

単身者の引越しをお得に済ませるなら、地元の引越し屋がオススメ。

 

地元の引越し業者の場合、繁忙期とそうでない時期の価格差が大きいです。

 

暇な時期はこっちがびっくりするくらいの値段で引き受けてくれることも。

 

大手の引越し業者の方が、壁や家具に傷がつかないように配慮してくれるという安心感はありますが、その点を重視しないというのであれば、地元の引越し屋が断然お得です。

 

荷物の量が明らかに少なくて、どうみても2トン車1台分(一般的な2トンショートトラックの積載スペースは190p×311p×295p)に満たない場合には、赤帽に依頼して、自分で手伝いながら引越しを済ませるというお手軽な方法もあります。

 

とにかく安くしたい!
というのなら、荷物をひたすら減らして赤帽に頼むというのがベストです。

単身引越しのまとめ

上手に引越し費用を節約するためには、引越しが決まった時点で不用品の処分に取り掛かるようにしてください。

 

売れるものは売って、売れないものは処分します。

 

粗大ゴミは希望日に引き取ってもらえるように、地元の自治体に事前に確認しておきましょう。

 

荷物の量が減ってしまえば、あとはお得な引越し業者を探すのみです。

 

余裕をもって2日間に分けて引越しできるようにしておけば、引越し業者の暇な時間帯に格安で依頼できますよ。

 

いつまでに引越ししたいのかというスケジュールを立てたら、まずは一括見積を利用するところからスタートしましょう!