ハトのマークの引越センター

引越しの料金を知りたくて各業者のHPを見ても、「○○円」とハッキリ書かれているケースはほとんどありません。

 

その理由は、引越し先までの距離や、荷物の量、引越し日によって料金が大きく変わってしまうから。

 

でも、見積もりを取ってみるまで引越し料金がハッキリしないというのは不安ですよね。

 

ハトのマークの引越センターの小鳩パックは、専用BOXの数と、引越し先の距離で料金が決まる明朗会計が魅力です。

 

ハトのマークの引越センター

割高になりがちな遠方への引越しも、専用BOXを使った「小鳩パック」ならお手頃価格。

 

公式HPでも「東京→新潟 23000円」といったように、輸送先によってハッキリ金額が明示されているので安心。

 

クレジットカードには非対応なものの、明朗会計のおかげで「引越し先で思わぬ追加料金を請求される」といったトラブルの心配は無用です。

 

また、近距離の引越しは「小鳩プチトラパック」を使えばさらにお得に引越しできます。

 

引越し距離や荷物の量に合わせて選べるハトのマークの引越センター
遠方への引越しや、同一市内・同一都道府県内などの近距離引越しがお得な3つのプランを比較してみました。

遠距離で少量の荷物であれば小鳩パック

片道200qを越える遠距離への引越しは、どの引越し業者も見積もりが高額になりがち。

 

遠方への引越しで、かつ荷物が少ないのであれば「小鳩パック」でお得に引越ししちゃいましょう。

 

小鳩パックでは、用意された専用BOXの中に全ての荷物を積めて輸送します。

 

専用BOX1個に収まりきる量であれば、どれだけ詰めても料金は変わりません。

 

専用BOXに入る荷物の量の目安は、

    ハトのマークの引越センター

  • 単身世帯用の小さい冷蔵庫1つ
  • テレビ1つ
  • コンポなどの小型家電2つ
  • 段ボール1個

といったところ。
家電を1つも持っていかないというのであれば、段ボールがたっぷり24個収納できます。

 

宅配BOXは1個単位で料金が加算されてしまうので、段ボール1個分だけ荷物が入りきらない場合は、宅配便を利用しましょう。

 

小鳩パックでは荷物の時間指定や、祝日・日曜の発着指定には追加料金がかかってしまうので、「この日までに絶対必要」という荷物があれば、宅配便の日時指定を使うのがお得です。

ちょっと荷物が多い場合には青春引越便

ハトのマークの引越センター

小鳩パックの専用BOX1つで収まりきらない場合には、「青春引っ越し便」も検討しましょう。

 

回収はハトのマークの引越センター、配送は福山通運が行う専用BOXの内寸は1.05m×1.05m×1.8mと余裕のある作りになっています。

 

小鳩パックだと5000円の追加料金がかかる時間指定も、「青春引っ越し便」なら無料です。

 

小鳩パック+宅配便を利用して荷物の到着時間を指定したいという人は、小鳩パック+オプション料金と、青春引っ越し便のどちらがお得になるのか比較して決めるといいでしょう。

近距離の荷物少なめの場合は小鳩プチトラパック

遠距離での引越しは小鳩パックまたは青春引っ越し便がお得ですが、近距離での引越しなら「小鳩プチトラパック」が断然お得。

 

荷物の時間指定はできませんが、同一市区町内なら専用BOX1つで11000円、同一都道府県内なら専用BOX1つで15000円ととってもリーズナブルです。

 

ハトのマークの引越センター

料金がはっきりしているので、引越し予算も組みやすいですよね。

 

小鳩パックでは、同一市町村内なら9000円、同一都道府県なら12000円で作業員をオプションで追加することが出来ます。

 

引越し料金を抑えられる分、オプションで作業員をお願いすれば引越し時間が節約できます。

 

引越し翌日から仕事に行かなければいけないなど、限られた時間で作業を終わらせてしまいたい人はオプション追加で対応するというのも一つの手です。

ハトのマークの引越しセンターの小鳩パック-ウルトラ引越ガイド関連する内容のページ

日通の単身パック
アークの荷物多め単身プラン
サカイのせつやく・ご一緒便
アリさんのミニ引越しプラン