日通

日通は、ファミリー引越しプランの中では高価な価格帯。

 

それにもかかわらず、多くの人から支持されている理由は、サービス内容がしっかりしているからです。

 

基本料金だけで見るとかなり高額に思えるかもしれませんが、キャンペーンを駆使すれば思っていたよりもお得な価格で引越しすることも可能です。

 

何を重視して引越ししたいのかを考えながら、価格とサービス内容のバランスをチェックしてみて下さい。

 

セルフ・ハーフ・フルプランで自分にあった引越をチョイスする

日通のファミリー引越しプランは3つ。

 

荷造り荷ほどきを自分たちで行うスタンダードな「セルフプラン」、面倒な荷造りだけお任せする「ハーフプラン」、荷造りから荷ほどきまで全てスタッフにお任せする「フルプラン」です。

 

セルフプランとは

 

日通セルフプラン

費用を抑えたいという人や、不用品を処分しながら荷造りしたいという人は「セルフプラン」がオススメ。

 

荷造り荷ほどきにお金がかからないので、その分引越し費用が節約できます。

 

また、自分で荷造りすれば、要らないものをどんどん処分できるので、引越し後の新居でスッキリ生活することができます。何がどこに入っているかも分かるので、片付けがスムーズだというのも利点です。

 

ただし、小さい子供がいる場合は要注意。

 

子供の世話で手いっぱいで、荷造りがなかなか終わらないケースは多いです。

 

荷造りが終わらないまま引越し当日にスタッフに手伝ってもらうと、追加料金が発生して引越し費用が思っていたより高額になってしまうことも。

 

引越しまで日数的に余裕があるのかどうか、本当に自分たちで荷造りを全て終えられるのかということを良く考えた上でプランを選ぶようにして下さい。

 

ハーフプランとは

 

日通ハーフプラン

引越し費用は抑えつつも、荷造りにかかる時間を節約したいという人は「ハーフプラン」がオススメ。

 

一番面倒な食器類など割れ物の梱包も、全てスタッフが行ってくれます。

 

家族が多いと食器の数も比例して多くなり、梱包するのはかなり大変。

 

共働きだったり、引越し直前まで予定がつまっているという人は、荷造りだけでもお任せしたほうが時間や心にゆとりが持てるかもしれません。

 

荷物の開梱作業は自分たちで行うので、インテリアや収納にこだわりながらゆっくりと片づけることができます。

フルプランとは

 

日通フルプラン

時間を節約したいという人は「フルプラン」がオススメ。

 

一般的に、引越しの準備に2週間〜1か月、引越し後の片付けは1〜2週間の期間がかかるといわれています。

 

引越しするというだけで、3週間〜1か月以上も時間が拘束されてしまうということです。

 

小さい子供がいる人、共働きの人、引越し後すぐに子供の学校生活が始まる人は、引越し前後は大忙し。

 

普段の生活で時間が足りないと感じているのなら、荷物の準備や片づけをしている暇はありません。

 

引越しすることよりも重要なのは、引越し後の生活です。

 

引越しだけで時間も体力もすり減らしてしまって新居の生活がままならないくらいなら、フルプランでお任せするのも一つの手です。

 

ただし、料金的にはどうしても高額になってしまうので、引越し時期を調整したり、お得なキャンペーンをうまく組み合わせて割引制度を活用するようにする必要があります。

 

基本的には高いがしっかりしたサービスが売り

金額だけ見ると、他の引越し業者の方が安くて魅力的。

 

でも、日通のファミリー引越しプランは金額が高い分しっかりしたサービス内容になっているんです。

 

高くても日通が支持されている3つのポイントをご紹介します。

 

梱包資材を無料で持ってきてくれること

 

指定した日に持ってきてくれるので、早めに荷造りをしたい人も安心です。

 

「ダンボールなんて無料でもらえるし・・・」と思うかもしれませんが、無料でもらえる段ボールは大きさがバラバラですし、使用済みのものです。

 

大きさがバラバラだと荷物を積むときのバランスが取りにくく、使用済みのものは汚れがついていたり、耐久性が悪いものもあります。

 

何より問題になるのは、無料の段ボールでは数が全然足りないということ。

 

4人家族で2DKの住まいなら、段ボールは40〜60枚くらいは必要。

 

無料の段ボールでここまでそろえるのは困難です。

 

日通えころじこんぽ

また、日通は、段ボール以外にも「えころじこんぽ」という便利な梱包資材を貸し出しています。

 

繰り返し使える梱包資材なので、引越し後のゴミの処理が必要ありません。

 

靴、洋服、食器をそのまま入れるだけでいいので、梱包の手間が大幅に削減できるのも魅力です。

 

意外と便利なのがバック毛布。タンスの引き出しの中身を出すことなく、中身の衣類が入ったまま運び出せるという優れものです。

 

荷造り荷ほどきにかかる時間を節約できるので、荷物の多いファミリー引越しには助かります。

 

引越し当日に建物の養生をしっかり行ってくれること。

 

引越し業者がつけてしまった傷については、請求すれば修理してもらえるのが普通です。

 

しかし、引越し時はバタバタしているので、引越し業者がつけた傷なのか自分たちでつけた傷なのかが分からなかったり、傷をつけられてこと自体気が付かないということも多いもの。

 

日通の引越しサービスは、家や家具が傷つかないようにしっかり養生してくれるので、新築への引越しを控えている人も安心です。

 

引越し後に梱包資材を無料回収してくれること

 

日通梱包資材

「えころじこんぽ」を使うので一般的なファミリー引越しプランに比べると梱包資材のゴミは少ないですが、使用済みダンボールは相当の数になります。

 

安価な引越しプランが魅力の引越し業者だと、段ボール回収は3000円程度費用が掛かってしまうこともあるので、無料回収してもらえるのは嬉しいですね。

 

段ボールを捨てに行く手間も省けるので、無料の回収サービスはぜひ利用しましょう。

日通の家族のお引越しセルフ・ハーフ・フルプラン-ウルトラ引越ガイド関連する内容のページ

クロネコヤマトの家族引越サービス
カルガモ引越センターの家族引越プラン
アクティブ感動引越センターのファミリープラン