東京から引越す前に見積もり業者を比較する!引越す際の情報一覧

昔から、日本では、それぞれの土地にはその土地の「神」が宿っていると考えられています。

 

そのため、家を建てたりする際には、地鎮祭をして、その土地の神を祭り、建築工事が無事に終わるように祈りますね。

 

引越しの際も、同じです。

 

新たに住む土地の神様をお参りして、その土地での平穏な生活をお祈りするのはもちろんですが、離れる土地の神社にもお参りしておくといいでしょう。

 

なお、今住んでいる場所の神社のことを「氏神神社」と言い、その土地に住む人を守ってくれる神様です。

 

引っ越す前にお参りして、これまでの感謝とお礼のご挨拶を。

 

また、今回の引っ越しが、生まれ育った土地からの場合。

 

生まれた土地の神様がいる神社を産土(うぶすな)神社と言い、守り神となります。

 

引越し後も生まれた地に訪れた際には、お参りした方がいいでしょう。

 

お参りの仕方については、

夕方や夜ではなく日中に訪れ、心をきれいにするつもりで参拝してください。

 

あとは通常通りに、鳥居をくぐる際に一礼して、手水で両手と口をゆすぎます。

 

お賽銭をする場所では、真正面ではなく、左右どちらかに一歩ずれて、お賽銭をします。

 

次に鈴を鳴らして、二礼、二拍手、一礼。二拍手の際に、お礼を唱えてください。

 

神社によっては、ご神木があるところとないところがありますが、境内に御神木がある場合は触れておくといいでしょう。

 

エネルギーを受け取ることができます。

 

最後に、鳥居を出る時は一礼をして帰ればお礼の参拝は完璧です。

 

引越し後だけでなく、引越し前にもその土地の氏神様にお参りしておきましょう。

 

ただし、自分の住んでいる場所の近くにある神社が自分の氏神神社とは限らないので注意してください。

 

世田谷区に住んでいるのに、氏神様は隣の杉並区にあったりするケースもあります。

 

自分の住んでいる場所の氏神神社がわからない場合には、「東京都神社庁」に問い合わせて聞いてください。

 

転居の際、運気の悪い年回りの時は方位除けを!

 

感謝やお礼の意をお伝えしに、近くの氏神神社にお参りしておくことをオススメしましたが、「方位」を基準とした厄がある方も、氏神様や崇敬神社にてお祓いを受けておきましょう。

 

自分が方位除けを受けるべきかわからない方は、まずは自分の本命星を知ることからです(九星気学)。

 

そして、その年ごとの縁起の良い方位と悪い方位を知ってください。

 

引越す先が、自分の本命星では悪い方位にあたる場合には、厄を祓ってもらいましょう。

 

また、年によっては全ての方位が悪い方位となる、八方塞がりの時もあります。

 

東京で、八方除け、方位除けのお祓いができる寺社を紹介しますので、お祓いしてもらい、安心して引越しに臨むといいでしょう。

 

【東京】八方除け、方位除けのお祓いができる寺社

日枝神社 東京都千代田区永田町2-10-5
須賀神社 東京都新宿区須賀町5
明治神宮 東京都渋谷区代々木神園町1-1
十番稲荷神社 東京都港区麻布十番1-4-6
新小岩厄除香取神社 東京都江戸川区中央4-5-23
江北氷川神社 東京都足立区江北2-43-8
大國魂神社 東京都府中市宮町3-1
成田山 調布不動尊 東京都調布市国領町1-2-10

東京から引越す前に見積もり業者を比較!引越す際の情報一覧記事一覧